医療現場のIT事情「PHSは終了!スマホの時代」

スマホで加速!医療現場のIT化

多くの病院で採用されているPHSが終了!?

病院の中での連絡ツールとしてずっと使用されてきたPHSが終了へと動きだし、スマホが導入されることによってIT化が進みつつあります。プライベートでスマホを使うことは当たり前の時代になりましたが、看護師が働く医療の現場ではまだまだこれからです。

多くの病院で採用されているPHSが終了!?

PHS終了の動きが加速

ソフトバンクが、2017年4月にPHSの一部サービス終了を発表しました。病院で使用されているPHSに関してはまだサービスが提供されますが、今後は縮小されていくことになるでしょう。その他一般の利用者は、2018年の4月以降新規の申し込みやPHS端末への機種変更ができなくなりました。現時点でPHSサービスを提供している日本の企業はソフトバンクのみなので、PHS台数は時間と共に減っていくことになるでしょう。修理の受付はこれからも継続して行われますが、修理ができないような破損や故障が起きた場合には、PHSの使用をやめるしか方法がありません。そのため、PHSを使用していた医療機関は、院内の連絡システムについて検討していく必要があります。システムの切り替えには時間とコストがかかることから、早いうちから計画的に切り替えていかなければなりません。

医療機関がPHSを利用しているのはなぜか

医療機器は繊細なので、電磁波の影響を受けやすくなっています。携帯電話とPHSでは、PHSの電磁波のほうが低いということから、医療機関で使われるようになりました。災害時には、携帯電話よりも基地局が細かく設置されているPHSのほうがつながりやすくてバッテリーの持ちも良いなど、何かと使い勝手が良いというのも医療機関に好まれた理由のひとつです。

現在はスマホの性能が追いついている

電磁波という面でスマホを見ると、4GがメインとなってからはPHSとの差も特になくなりました。携帯電話が普及しはじめた頃は、病院での携帯電話の利用は控えるよう周知されていましたが、今では医療機器への影響を気にせず携帯電話を使用することができるようになりました。つまり、スマホを利用して困るような状況ではもはやなくなっているのです。

スマホの導入は今後進んでいく

PHSは電話機能しかないツールなので、業務効率化には役立たないどころか、電話しかできないことによって業務が滞ることもあるほどです。スマホが医療現場に入れば、急技ではない連絡をメールで済ませることが可能になるなど、現場スタッフの生産性は確実にアップします。インターネットやアプリが使えるようになれば、さまざまなことがスマホひとつで管理できるようになります。医療現場スタッフはもちろん、患者にとってもメリットが大きいということからも、今後はますますスマホが医療現場に普及していくことが予想されます。

おすすめ記事はこちら!

  • 転職エージェントを利用しよう
    転職エージェントを利用しよう

    IT化が進んだ職場に看護師が転職するなら、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントなら、希望にマッチした求人をすぐに探し出し、テンポよく転職活動が進むようサポートしてくれます。転職エージェントをうまく活用するコツは、キャリアコンサルタントに正直に話をすることです。企業にそのまま情報が流れていくわけではないので、遠慮なく考えていることを打ち明けておいたほうが、きめ細やかなサポートを受けられます。

  • スマホで活用!医療アプリ
    スマホで活用!医療アプリ

    様々な分野のスマホアプリが次々と開発されている中、医療系のアプリの開発も着実に進んでいます。急速にIT化が進む現場で働く看護師にとって、スマホアプリは日々の業務に不可欠なツールとなっていくでしょう。病院内外で使用できる医療関係者間のコミュニケーションアプリや症状チェックアプリ、医療薬についてのアプリなど、医療関係者におすすめのアプリとして「JOIN」「症状チェック」「日本医薬品集医療薬」をご紹介します。

  • 多くの病院で採用されているPHSが終了!?
    多くの病院で採用されているPHSが終了!?

    一般的にはスマホが主流の時代になりましたが、医療機関ではPHSがずっと使用されてきました。その理由は、端末から発せられる電磁波の影響が携帯電話よりも低かったからです。しかし、今ではスマホを使っても問題ないところまできており、PHSを使い続ける必要性がなくなりました。PHSに関してはサービスが終了し、修理対応だけになっています。PHSを活用している医療機関も、今後はスマホに移行していかなければならなくなるでしょう。