IT化が進んだ病院を希望するなら内部情報に詳しいエージェントを頼ろう

スマホで加速!医療現場のIT化

エージェントは内部情報に詳しい!

転職エージェントは、表に出ていないような職場の内部情報を持っています。求人を見て細かいことをもっと知りたいと思っても、個人でできることには限界があるものです。看護師がスマホの導入などIT化の進んだ職場に転職しようと思うなら、転職エージェントに内部情報を聞いてみるというのもひとつの方法です。

エージェントは内部情報に詳しい!

先に内部情報を知ることのメリットは大きい

医療機関のサイトを見ても、働く側が知りたい職場の細かいことについてはわかりません。しかし、転職エージェントには人材を求めている医療機関との取引があるので、病院内部の情報を直接入手できる立場にあります。例えば希望している医療機関のIT化がどの程度進んでおり、業務におけるITの利用度はどの程度あるのかなど、気になる情報について知る限りのことを教えてくれます。転職エージェントの利用者は、転職成功後もエージェントと時々連絡をとっては近況を報告しています。実際に現場で働いている人からの情報で、当初の条件と実際はどうなのか、職場の雰囲気はどうなのかなどが、情報としてエージェントに蓄積されていくのです。転職エージェントを使って転職すると、ミスマッチが少ないとよく言われます。この背景には、転職エージェントが医療機関の内部情報について把握していることがあり、これによって転職希望者の希望にマッチするかどうかの判断の精度を高めているのです。

転職エージェントのメリット

転職エージェントには、その他にも数多くのメリットがあります。一般には公開されていない求人を持っているというのもそのひとつです。転職エージェントにしかない非公開求人は好条件の場合が多いので、それだけでも利用するメリットはかなりのものです。自分がいいと思った求人が、必ずしも自分に最適とは限らないことは、個人で行う転職活動の末の失敗の多さを考えてもよくわかることです。この点、エージェントなら客観的に合う合わないを判断し、ベストマッチな求人を提案してくれるので、失敗する確率はかなり低くなります。しかも、応募先の医療機関のニーズにマッチするアピールポイントを見つけ、いかにそこを効果的にアピールするか考えてくれます。書類の添削から応募、面接調整、先方との交渉、入社日の調整と、本来なら自分でやるべきことを全部エージェントが代行してくれるのも、エージェントを使った転職ならではのメリットです。

看護のお仕事

長年、お付き合いのある病院や看護師さんとのネットワークを活かした情報網で、気になる職場の最新の情報を日々収集しています。転職先の師長の人柄や、離職率、雰囲気、評判といったなかなか聞けない情報にも精通していますので、実際に転職される前に全てお答えします。

「看護のお仕事」より引用

「看護のお仕事」は、看護系求人の紹介に特化した転職エージェントです。看護業界に詳しい専任のアドバイザーが、ひとりひとりのニーズに合わせて丁寧にサポートしてくれます。独自のネットワークで収集した情報の中には、各事業所の内部情報なども含まれており、転職したい看護師の疑問にしっかり答えてくれます。

エージェントに相談してみる リアルな職場の情報を持ち、好条件な非公開求人も扱う看護系転職のプロ集団。言いづらかったり面倒だったりする転職先との交渉もお任せできます。

おすすめ記事はこちら!

  • 転職エージェントを利用しよう
    転職エージェントを利用しよう

    IT化が進んだ職場に看護師が転職するなら、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントなら、希望にマッチした求人をすぐに探し出し、テンポよく転職活動が進むようサポートしてくれます。転職エージェントをうまく活用するコツは、キャリアコンサルタントに正直に話をすることです。企業にそのまま情報が流れていくわけではないので、遠慮なく考えていることを打ち明けておいたほうが、きめ細やかなサポートを受けられます。

  • スマホで活用!医療アプリ
    スマホで活用!医療アプリ

    様々な分野のスマホアプリが次々と開発されている中、医療系のアプリの開発も着実に進んでいます。急速にIT化が進む現場で働く看護師にとって、スマホアプリは日々の業務に不可欠なツールとなっていくでしょう。病院内外で使用できる医療関係者間のコミュニケーションアプリや症状チェックアプリ、医療薬についてのアプリなど、医療関係者におすすめのアプリとして「JOIN」「症状チェック」「日本医薬品集医療薬」をご紹介します。

  • 多くの病院で採用されているPHSが終了!?
    多くの病院で採用されているPHSが終了!?

    一般的にはスマホが主流の時代になりましたが、医療機関ではPHSがずっと使用されてきました。その理由は、端末から発せられる電磁波の影響が携帯電話よりも低かったからです。しかし、今ではスマホを使っても問題ないところまできており、PHSを使い続ける必要性がなくなりました。PHSに関してはサービスが終了し、修理対応だけになっています。PHSを活用している医療機関も、今後はスマホに移行していかなければならなくなるでしょう。